サークル名の由来

こんばんは。五十嵐です。
ようやくブログも落ち着いてきたところで………。
mythtars」という名称の由来でもお話ししましょうか。

元々は「mythtars」って名称ではなかったんですよ。
元々のサークル名は、とある造語でした。
独自ドメイン(.jp)も取得して、ロゴタイプも考えて、準備万端でしたが………少々問題が起こりまして………。
と、いうのも。
その造語が既にアメリカで商標登録されていたんですよ。
折角なら「.com」ドメインも欲しかったし、断念せざるをえなくて。

噛み砕いて言うと、「その言葉は既に“別の誰かのモノ”だったから手放した」といったところです。
………そもそも手に入れてすらなかったんですけどね。
それなりに長い事使っていた名称だったので、諦めるのに時間はかかりました。

そして、サークル名は一度白紙に戻ることに。
ようやくロゴのモチーフが決まった矢先だったので、いやぁ………苦労しました。
でも、ロゴモチーフを「マンタ」に決めていたことが功を奏しましてね?

ロゴモチーフと関連付けするために、「海に関係する単語」をとにかく列挙していきました。
日本語、英語に限らず、ドイツ、フランス、イタリア………。
それでー………色々調べまわっていたらインターネット上の英語辞書で、「“Tar”は口語で、“船乗り,水夫”という意味がある」って記述を見付けてね!!
「それなら、“船乗りの男たち(Mister + Tar)”という意味で、“Mistars”にするか?」
と、発案したのですが「アイツ」が待ったをかけまして………。

スペルミスったみたいでダッセェ。

いちゃもん担当スーパーアドバイザーの小岩井 桜良君です。
「気持ちは分かるけど、代替案がないだろ?」と言ったその時、今度は「アイツ」が声を挙げまして………。

神話”。

“神話”の英訳、“myth”を使おう。
mythtars”、“ミスターズ”………。

船乗りの男たちの神話”。
うん、身の丈に合ってない!!仰々しさが最高じゃない?

それは褒め言葉なのかな、あきら君。
そんなこんなで………僕らのサークル名は、身の丈に合ってない仰々しい名前になりました。
結果としては「.com」ドメインも取れたし、大満足。めでたし、めでたし。

少しダラダラと書いてしまったけど、これが「mythtars」の由来です。
わざわざこんなこと話すのもあれかなー………と思いましたが、せっかくブログをやってるんだし、まあ………多少はいいですよね?

では、最後までご覧頂き有難う御座いました。

五十嵐 栄治


Eyecatch/Pixabay

関連記事

  1. 楽屋のセッティング/僕らの言語

  2. 亮太郎くんの目的

  3. スタートライン

  4. Instagram、はじめました。

  5. 俺の始まり

  6. 仕事納め

  7. 人懐っこい、幸運の。

  8. ロゴ、完成。

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP